ファッションと、幸せな毎日~パーソナルスタイリストの日記~

ファッションは悩ましくて、楽しくて、楽しい。

ファッション全般

“一年3セットの服で生きる”に向いているのは、こんな人

あきやあさみさんの書いた、“一年3セットの服で生きる”を読みました〜。 タイトルからして衝撃ですよね。一年で、たった3セット!ということは、上下セパレートとしてもトータル6着! パーソナルスタイリスト界隈の中でもかなり異色な方だと思いますが、果た…

おしゃれの教科書を作りました

パーソナルスタイリストとして開業し、約2年半経ちました。 数えきれないほど、とは言えないまでも、私を選んでくださった素敵な皆様との出会いに恵まれてきました。 お客様からは、おしゃれが苦手、自分で選ぶとなんだかセンスがよくない、いつも似たような…

“ピンク”を取り出して、着てみたら

最近の我が師匠のラジオで、自分の好きなものを一つ思い出しました。 radiotalk.jp 内容は、「そこそこの値段で長年着られる服や、トレンドに左右されない服が欲しい」と思う人が多いことに対し、「服の耐久性と価格の高さは比例しないし、ベーシックと思い…

祖母の死に寄せて<死ぬ時に着る服と、死に化粧>

今年3月、夫の祖母が亡くなりました。 夫の祖母に初めて会ったのは、今から4年ほど前のこと。当時95歳だった祖母は全くと言っていいほどボケておらず、足腰はそれなりに弱いものの、自分で食事の支度をし、風呂もトイレも一人で済ませられる気丈な人でした…

2021上半期、マイベストクローズ!

6月になるとツイッターのタイムラインに、「〇〇年上半期マイベスコス」が流れてきます。ベスコス、つまりベストコスメ。コスメや美容賢者の皆様が、上半期に買ったおすすめの化粧品・美容グッズを厳選して紹介してくださるのです。 そのへんに明るくない私…

服を選ぶときに考えたいこと②

前回の記事で、プチプラなブランドやファストファッションは私の生活の一部になっているが、その恩恵にあずかっているだけでいいのか?と考えるようになった、と書きました。 riekawasakips.hatenablog.com 私たち消費者が安く服を買えることは、何かしらの…

服を選ぶときに考えたいこと①どこで、誰に、どう作られた服を着ている?

ツイッターを始めて、一年ほど経ちました。 毎日見ていると、ファッションの明るい・楽しい話題はもちろん、暗いニュースや現実を知ることもあります。 商品を安くたくさん作るために、遠い海外で、低賃金や劣悪な環境で働かされている人たちがいること。 た…

「Tシャツとデニムをサラっと着こなす」について

最近ツイッターで立て続けに、「白Tシャツとデニムをサラッと着こなせるようになりたい…」と言ったツイートを見かけました。 ある日の私のコーデ↓ 夫の去年のユニクロミッキーTは私がもらった。そしたら全身ユニクロになった今日でした pic.twitter.com/VF9h82…